文字サイズ
標準
拡大
English/日本語

ひなたのバロック#2

音楽劇場主催
託児サービス
開催日
2022年02月23日(水・祝)
開催場所
演劇ホール
開催時間
開場 13:30/開演 14:00/終演予定 16:00

光輝くバロック音楽のイメージを代表する作曲家は、何と言ってもG.F.ヘンデル。しかし最近の研究で、その音楽には政治と関わる「策士」の痕跡も見え隠れすることがわかってきました。ひょっとしたら、よく耳にするあの曲にも、知られざる事情があったのかも…?ヘンデル研究家の三ヶ尻正をゲストに、当時の政治状況のお話などもあわせて、ヘンデルの室内楽、オペラアリアなど古楽器による艶やかなヘンデル節をたっぷりとご堪能ください。

内容

出演者

大塚 直哉(企画・監修/チェンバロ)

東京藝術大学大学院チェンバロ専攻を経て、アムステルダム音楽院オルガン科およびチェンバロ科を修了。バッハ・コレギウム・ジャパンや東京ゾリステンなどのアンサンブルにおける通奏低音奏者としての活動のほか、オルガン、チェンバロ、クラヴィコードのソロ奏者としても日本やヨーロッパなど各地で活発に活動を行っている。現在、東京藝術大学教授、国立音楽大学非常勤講師、宮崎県立芸術劇場オルガン事業アドバイザー。またオルガンやチェンバロ、クラヴィコードなどむかしの鍵盤楽器に初めて触れる人たちのためのワークショップを各地で行っている。「アンサンブル コルディエ」音楽監督。NHK-FM「古楽の楽しみ」案内役として出演中。

三ヶ尻 正(ヘンデル研究家)

東京大学文学部英文科卒。ヘンデル研究・オラトリオ研究、声楽家の発音指導(英・独・羅)、字幕・対訳制作に従事。言語指導では、テキストの解釈や韻律法に加え、音声学に基づいた科学的なアプローチに、字幕・対訳では原典のことばを大切にしたわかりやすい日本語訳に定評がある。著書・訳書に『メサイア・ハンドブック』『ミサ曲・ラテン語・教会音楽ハンドブック』『ヘンデルが駆け抜けた時代』『ヘンデル 創造のダイナミズム』(共訳)など。新国立劇場オペラ研修所講師、国立音楽大学大学院非常勤講師。日本音楽学会、日本ヘンデル協会、日本イタリア古楽協会会員。

桐山 建志(バロック・ヴァイオリン)

東京藝術大学を経て同大学院修了、フランクフルト音楽大学卒業。1998年古楽コンクール〈山梨〉第1位、1999年ブルージュ国際古楽コンクール第1位。レコード芸術特選盤「シャコンヌ」を皮切りに多数のCDをリリース。ベーレンライター社より星野宏美氏との共同校訂「メンデルスゾーン:ヴァイオリン・ソナタ全集」の楽譜を出版。現在、愛知県立芸術大学教授、フェリス女学院大学講師。「松本バッハ祝祭アンサンブル」コンサートマスター等としても活躍。チェンバロの大塚直哉と共にデュオ・ユニット「大江戸バロック」を主宰。

佐藤 裕希恵(ソプラノ)

東京藝術大学声楽科卒業、同大学院古楽科修士課程修了。修了時にアカンサス賞受賞。2011年よりバーゼル・スコラ・カントルムの修士課程で学び、中世からバロック、オペラまで幅広いレパートリーにおいて知見を深める。国際古楽コンクールCanticum Gaudium第1位(ポーランド)、国際古楽コンクール《山梨》第1位(日本)、国際ヘンデルアリアコンクール第3位(USA)はじめ数多く受賞。オラトリオやバロックオペラのソリストとして欧州各地で数多く出演し、A.マルコン、アンサンブル・ジル・バンショワなど世界屈指の古楽演奏家、アンサンブルと数多く共演。瀧井レオナルド(リュート)とのデュオ《ヴォクス・ポエティカ》では精度の高い演奏で人気を集める。

戸髙 美穂(フラウト・トラヴェルソ)

東京藝術大学音楽学部卒業後、渡欧。ウィーン国立音楽大学音楽学部、及び同大学院を修了。在学中、在オーストリアドイツ大使公邸、日本大使公邸などで招待演奏、プラハ音楽祭に出演するなど多方面にて活躍する。全日本学生音楽コンクール福岡大会第1位、同年ソリストとして九州交響楽団と共演。2011年宮崎国際音楽祭管弦楽団メンバーとして出演。これまでに宮崎にて二度のソロリサイタルを開催。近年ではモダンフルートだけでなく古楽器での演奏活動にも力を注いでいる。

プログラム
G.F.ヘンデル:
・オラトリオ『メサイア』第3部から「私は知っている」
・歌劇『エジプトのジュリオ・チェーザレ』から
「つらい運命に涙はあふれ」
・トリオ・ソナタ ロ短調
・シャコンヌ ト長調
ほか
※都合によりプログラムが変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

チケット料金

<全席自由>
一般 3,000円(2,700円)
U25割 1,500円  ※鑑賞時25歳以下

※( )内はくれっしぇんど倶楽部会員価格

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※車椅子席・介助席は、メディキット県民文化センターチケットセンターのみの取り扱いとなります。
※当日券が出る場合は500円増しとなります(ただしU25割を除く)。販売は当日の午前10時から窓口・電話で行います。
※U25割は、年齢の確認ができる身分証の提示をお願いする場合があります。

発売日・申込開始日

くれっしぇんど倶楽部会員:12月 5日(日)
一般:12月12日(日)

チケット予約・購入

〇メディキット県民文化センターチケットセンター
【窓口・電話】0985-28-7766 ※午前10時~午後6時30分/月曜休館(月曜日が祝日の場合は翌平日休館)
【WEB】劇場HPから24時間座席を指定して予約・購入できます。

<その他プレイガイド>
〇チケットぴあ(webサイトのみ取扱い)

その他の公演情報を見る

演劇・ダンス劇場主催

「新 かぼちゃといもがら物語」#6『火球』

イベントホール
音楽劇場主催

ひなたのバロック#2

演劇ホール
音楽劇場主催

Miyazakiアウトリーチアーティスツ・エキシビション#5

アイザックスターンホール
演劇・ダンス劇場主催

こどももおとなも劇場#6 人形劇団プーク『エルマーのぼうけん』宮崎公演

演劇ホール