文字サイズ
標準
拡大
English/日本語

『夏の砂の上』

演劇・ダンス劇場主催
託児サービス
開催日
2022年12月03日(土)
開催場所
演劇ホール
開催時間
後日にご案内いたします
駐車場の混雑が予想されます

長崎を舞台に、職をなくし妻に家出された主人公と彼を取り巻く人物たちの間で交わされる会話から、一見淡々とした日々に漂う、抗いようのない悲哀や心の乾きが滲みだす本作。
自身の生まれ育った長崎を舞台に描き、1999年読売文学賞戯曲・シナリオ賞を受賞した劇作家・松田正隆の代表作のひとつ『夏の砂の上』を、現代日本演劇界を代表する演出家・栗山民也の演出でお届けします。

主人公・小浦治を演じるのは、数多くのTVドラマや映画、舞台に出演する田中圭。夫を捨て家を出ていく妻・恵子を演じるのは、舞台や映像作品で唯一無二の存在感を発揮する西田尚美。若手実力派として映像作品に多く出演する山田杏奈は、本作品が初の舞台出演となります。

さらに、新時代のバイプレイヤーとして注目される尾上寛之、2020年に第55回紀伊國屋演劇賞個人賞を受賞した実力派の松岡依都美、また舞台を中心に活躍し演出家が信頼を寄せる粕谷吉洋深谷美歩三村和敬と、豊富な舞台経験を持つ実力派俳優が揃いました。

日々の生活に重く漂う閉塞のもとで、幾重にも積み重なる心情の揺れを演じる俳優陣に、ぜひご期待ください。

◆演出・栗山民也コメント
近頃、歳のせいか、静かにゆっくりと動くドラマに惹かれる。稽古の後半には、それまで積み重ねてきた飾りものを削ぎ落とし、最後に残された風景と言葉だけを見つめているような気がする。
世田谷パブリックシアターから新しい演出依頼があった。いつもより少し長い間、上演作品を考えた。こういう時が実は一番幸せな時間で、自分の今までをじっくりと思い返すことができる。そんな時、松田正隆のセリフがちぎれちぎれに聞こえてきた。風に揺れていたり、突然ピタリと止んだ乾いた沈黙のときだったり。
この『夏の砂の上』の風景の中を流れるジリジリとした熱い感情と、しかし静かに刻む時間の一刻一刻に身を任せ、この荒涼とした現在から、そこにその時生活していた人たちを見つめてみたい。

◆作・松田正隆コメント
「夏の砂の上」という戯曲を書いたのは、ずいぶん昔のことで、平田オリザさんから依頼があって、この戯曲は青山円形劇場で上演されました。1998年のことです。
思い出すのは、この戯曲を書くにあたって、まだ、プロットも固まっていない時に、さんざん夏の長崎を歩き回ったことです。汗をかいて坂をのぼりくだりしているうちに、次第に劇の輪郭が生まれてくるような気がしました。故郷の長崎を遠くから想像してつくるようなドラマではなく、石段に身体がへばりつく感覚でセリフを書いた覚えがあります。渇水の町で洪水にのまれ、閃光に焼かれるイメージを得られたのは、長崎をただひたすらに歩いた経験がもたらしたものでした。
カラダが立ち、歩く、座るという姿勢から、うつ伏せ、横たわり、挙句に蒸発し影となり流されるということ。生命の水準についての劇は時代の重力に従順になるほど、露わになります。私は、「日常」の劇から「生と死」に直面する劇へと変容するような戯曲を書きたかったのかもしれません。
それでも、おそらくは「作者の思い」などこえて上演されるのが演劇の面白さでしょう。上演を拝見するのがとても楽しみです。

内容


松田正隆

演出
栗山民也

出演
田中圭 西田尚美 山田杏奈
尾上寛之 松岡依都美 粕谷吉洋 深谷美歩 三村和敬

■あらすじ
ある地方都市、坂のある街。
坂にへばりつく家々は、港を臨む。
港には錆びついた造船所。
夏の日。セミも暑がる午後。

造船所の職を失い、妻・恵子に捨てられた小浦治のもとに、家を出た恵子が現れる。恵子は4歳で亡くなった息子の位牌を引き取りに訪れたのだが、治は薄々、元同僚と恵子の関係に気づいていた。
その時、治の妹・阿佐子が16歳の娘・優子と共に東京からやってくる。阿佐子は借金返済のため福岡でスナックを開くと言い、治に優子を押しつけるように預けて出て行ってしまう。
治と優子の同居生活が始まる。

※チケット販売に関する情報は後日にご案内いたします

その他の公演情報を見る

演劇・ダンス劇場主催

プロジェクト「の、まど」『油津ぶらり旅』作品創作ワークショップ

油津Yotten
音楽劇場主催

「オルブラ」vol.172特別企画「永見亜矢子パイプオルガン公開レッスン」

アイザックスターンホール
音楽劇場主催

環ROY『遊ぶことば』パフォーマンス

イベントホール
演劇・ダンス劇場主催

プロジェクト「の、まど」『油津ぶらり旅』ショーイング

油津Yotten