文字サイズ
標準
拡大
English/日本語

アウトリーチ事業
「ミュージック・シェアリング」

アウトリーチ事業「ミュージック・シェアリング」

アウトリーチ事業「ミュージック・シェアリング」の様子
アウトリーチ事業「ミュージック・シェアリング」の様子

様々な事情で劇場まで足を運ぶことが困難な方々にも、クラシック音楽に親しんでいただく機会を提供していくために、平成23年度からアウトリーチ事業「ミュージック・シェアリング」をおこなっています。“音楽をより深く、親しみやすく”をテーマに、幼稚園・保育園から福祉施設まで、年間約20箇所を訪問。音楽を鑑賞する機会としてだけでなく、想像力や表現力、コミュニケーション力の育成、地域のコミュニティ活性化の一助となるよう、その場に合わせたプログラムをお届けしています。ひとつひとつの公演に対し、下見、打ち合わせ、ランスルー、反省会をおこない、丁寧に作り上げていくことを念頭におき実施しています。

⽬的〜3つの使命

  1. アウトリーチを通して、地域の方々や子どもたちにクラシック音楽の楽しさや素晴らしさを伝え、地域の音楽ファンと観客の創造を目指します。
  2. 県内在住の演奏家を起用し、経験や技能を発揮できる場を提供することにより、さらなるレベルアップを図ります。
  3. 劇場が実施している事業について広く紹介する場とします。

特徴〜3つのS

⾳楽の素晴らしさを【伝える】ために、3つのSを基本としています。

3つのS
集中しやすい時間で
対象年齢に合わせて、幼稚園・保育園児は30分間、⼩学⽣以上は45分間のコンサートをおこなっています。
親しみのある場所で
リラックスしてクラシック⾳楽に親しんでいただくために、⾳楽室や体育館など鑑賞者が普段過ごしている場所を会場にしています。
少人数で
⾔葉だけでなく、表情やしぐさを通してコミュニケーションがとれるよう、50名程度の⼈数でおこなっています。

事業概要

実施対象 宮崎県内の幼稚園・保育園、⼩・中学校、福祉施設等 ※年齢制限無し
対象人数 原則、50名以下
対象会場 ⾳楽室や体育館など
出演者 県内在住で、オーディションに合格したクラシック演奏家
実施プログラム 30〜45分 のプログラムで、クラシックを中⼼に演奏。実施先のリクエストにも応える。
プログラム例はこちら

アドバイザー

桐原 直⼦

桐原 直⼦ (きりはら なおこ)

宮崎⼤学特⾳課程卒業、同校専攻科修了。東京藝術⼤学委託⽣。フルート奏者として県内外で演奏活動を⾏うほか、さまざまなコンサートをプロデュースし、好評を得る。これまで10回のリサイタルを開催。
「ゆふいん⾳楽祭」などに出演するほか、チェコフィル室内管弦楽団、⼤阪フィルハーモニー、ウィーンカンマーゾリステン、⼩林道夫⽒などと共演。FM宮崎「⾳楽の森」パーソナリティを16年間担当し、クラシック⾳楽の振興に努めるとともに、後進の指導育成でも⾼い評価を得ている。第20回宮⽇⽂化賞受賞。第31回宮崎銀⾏ふるさと振興助成事業⽂化芸術部⾨受賞。2010年から宮崎県⽴芸術劇場の⾳楽事業アドバイザーを務め、「なるほどクラシック」シリーズvol.1〜9の企画・監修を⼿掛ける。
現在、「宮崎笛の会」会⻑、⾳楽愛好会「遊⼈村」幹事、全⽇本学⽣⾳楽コンクール審査員、⽇本フルート協会代議員、アジアフルート連盟理事。宮崎県立芸術劇場音楽アウトリーチ事業アドバイザー。

児⽟ 真

児⽟ 真 (こだま しん)

音楽事務所勤務を経て、1987年の開館から2000年までカザルスホールのプロデューサーとして主催事業の企画を手がけた。2001年から第一生命ホールを拠点としたNPOトリトン・アーツ・ネットワークで民間ホールとして初めてコミュニティ活動を含めた活動を、また2007年からはいわき芸術文化交流館アリオスのチーフプロデューサーを務めた。
普及的プログラムでは「仲道郁代の音楽学校」「育児支援コンサート」などの企画をするとともに、地域創造の公共ホール音楽活性化事業をコーディネートする。また、長崎市、熊本県、宮崎県、新潟市、いわき市その他各地の公共ホールでアウトリーチを活用したコミュニティエンゲージメント活動のアドヴァイスや演奏家への実戦的講習も行っている。
現在、(一財)地域創造プロデューサー、東京藝大大学院特任准教授。

登録アーティスト

登録アーティストは、県内在住のクラシック演奏家の中からオーディションによって選抜され、2年を1期として活動しています。児玉真氏による研修に加え、日々のアウトリーチの際には、桐原直子氏によるランスルーを実施。音楽で伝える力や効果的なアプローチの方法を学び、質の高い時間を提供できるよう取り組んでいます。

第6期登録アーティスト

緒⽅ 真樹⼦

緒⽅ 真樹⼦ (ピアノ)

福岡女子短期大学音楽科を経て、武蔵野音楽大学編入学・同大学院修了。第4回〈エリカ・ディヒラー〉〈小長久子〉賞西日本ピアノコンクールにて第3位およびベヒシュタイン白鳥賞受賞、受賞記念リサイタルを開催。バイロイトにてドイツリートマスタークラス受講、終了演奏会出演。2011、2013年にウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団と、2012年にアドリアン・コックス氏と二台ピアノで共演し各々好評を博す。熊本県立劇場主催アウトリーチ事業伴奏員を務める。元中村学園大学・短期大学部非常勤助手。

⼩坂 厚⼦

⼩坂 厚⼦ (クラリネット)

延岡市出身。エリザベト音楽大学卒業。
卒業後、1年間フランスに音楽留学。在仏中に、フローラン・エオー氏のプライベートレッスンを受ける。帰国後、延岡で音楽活動をしている。これまでに、武田忠善、橋本眞介、鈴木浩二、呂虎寅、永易英生の各氏に師事。

これまでの登録アーティスト

⽥島 千愛

第5期

⽥島 千愛(ソプラノ)

野﨑 さやか

第5期

野﨑 さやか(ピアノ)

壽⼭ 智美

第4期

壽⼭ 智美(フルート) 

⾼場 涼⼦

第3期

⾼場 涼⼦(ピアノ)

熊⾕ 愛⾹

第3期

熊⾕ 愛⾹(フルート)

福田真子

第2期

福田真子(ピアノ)

柳田美波

第2期

柳田美波(ホルン)

有川清美

第1期

有川清美(ピアノ)

本田奈留美

第1期

本田奈留美(Die Shokolade/ピアノ)

日髙由美子

第1期

日髙由美子(Die Shokolade/クラリネット)

小川和紘

第1期

小川和紘(サックス)

登録アーティスト募集

現在、第7期目となる登録アーティストを募集中です。【10/28(金)締切】
「アウトリーチのノウハウを身に付けたい」「専門家からのアドバイスを受けてレベルアップを図りたい」など、
意欲あふれる演奏家の皆様からのご応募を、お待ちしております。

【募集要項はコチラ】
第7期登録アーティスト募集要項(PDF)

第7期登録アーティスト募集要項(Word)