文字サイズ
標準
拡大
English/日本語

利用当日

入館手続き

1. 施設利用受付に「施設等利用許可書」を提示してください。

※設営等のために業者が先に入る場合にも、許可書の提示が必要になります。
※手続き後、搬入口・楽屋口が開きます。

2. ホール入口と楽屋の鍵および責任体制表をお渡しします。

責任体制表には劇場担当スタッフの名前を記載しておりますのでご確認ください。
※お渡しした責任体制表は終演までお持ちください。

楽屋

楽屋室内にはコインロッカーが設置されています。
貴重品等については利用者で責任を持って管理してください。

ホワイエ

ホワイエには、受付台、イス、長机等があります。
設営に関してご不明な場合には、劇場担当者にご相談ください。
なお、長時間の催しであっても、入場口を開放される際には、安全のため必ずスタッフを配置してください。

ホワイエ設営時のお願い

掲示・張り紙等

テープの跡が残ってしまうのを防ぐため、必ず入館時にお渡しする紙テープ(マスキングテープ)をご利用ください。
壁に掲示する場合は、 白い壁(壁紙)の部分に貼るのはご遠慮ください。
テープの使用箇所については劇場職員の指示に従ってください。

ドアストッパー

ホール内客席の扉は開放状態での固定が出来ません。ドアストッパーをご利用ください。
また、開場・休憩及び終演時、並びに非常の際には必ず扉の開放をお願いします。

防火シャッター

緊急時、防火シャッターが下りてきます。そのため、シャッターの直下には物を置かないようにご注意ください。

物品販売・募金・署名

敷地内での物品販売・募金・署名活動等については、原則として認められておりません。
当該行為を希望される場合には事前に申請をし、許可を受ける必要があります。

※募金・署名の申請については、施設利用受付(0985-28-3228)にお問い合わせください。

来場者駐車場について

メディキット県民文化センターには専用の駐車場はございません。
宮崎県総合文化公園内にある駐車場は、無料でご利用いただけますが、美術館、図書館、文化公園との共有駐車場です。週末や催事時間の重なり等によっては混雑し、催事の運営にも支障が出ることが予想されるため、対策をお願いします。
宮崎県総合文化公園内 共有駐車場のご案内

駐車場の混雑緩和対策

  1. 来場者には事前にチラシ、チケット等を通じて公共交通機関の利用を周知してください。
  2. 土日祝日の昼間の催事や多数の来場者が見込まれる催事、また、演劇ホールとアイザックスターンホールで公演時間が重なる場合など、明らかに公園駐車場の満車・混雑が予想される場合には、次の対策を講じてください。
    1. 公園駐車場への警備員の配置
    2. 臨時駐車場の手配

来場者の整列

開場に際して、来場者の整列・誘導を行ってください。
特に、開場前にお客様が多数並ばれる場合、他の利用者等の妨げにならないようご配慮ください。

原状復帰

催しの終了後、利用された施設(舞台・客席・ホワイエ・楽屋等)・附帯設備等を、原状に戻してください。
施設・設備等を損傷・滅失した場合は、必ず劇場職員に報告してください。

附属設備等の精算

附属設備(舞台備品、音響・照明設備、楽器、楽屋)利用料および調律料は、利用当日のご精算です。

その他

ゴミの処理

ゴミは原則お持ち帰りとなりますが、貸館窓口で販売するゴミ袋(1袋200円)をご利用していただければ、劇場が引き取りをいたします。
※宮崎市の分別に従ってください。また、生ゴミは引取れませんので、仕出し等については、業者に引取りまで依頼をしてください。

花用スタンド

催しの終了後、ホワイエ等に飾られた花用スタンドは、所定の場所(楽屋口の向かいの火気厳禁と書かれてある所)に移動してください。

安全管理

利用者は、入館から退館まで安全管理に努めてください。

損害賠償について

  1. 利用者は、施設を損傷または滅失した場合は、速やかに届け出ると同時に、生じた損害を賠償していただきます。
  2. 公の施設に関する条例に基づく処分によって利用者が損害を受けることがあっても、当施設は一切その責めを負いません。